プロフィール

terachi

Author:terachi
二輪に関する情報をいち早くお届けいたします。
モータースポーツは主にトライアルをやっています。
年3回オートバイのツーリングも行っています。

<お店>
(株)バイクハウスてらそ
〒728-0006
広島県三次市畠敷町945-1
TEL/FAX0824-62-1715
http://www.teraso.skr.jp
■中国運輸局認証工場(2級整備士在籍)■

オートバイ契約メーカー:HONDA、YAMAHA、SUZUKIなど

自転車契約メーカー:BRIDGESTONE、GIANT、Panasonic、FELT、GT、各社トライアル自転車メーカーなど

<経歴>
◎2012年BIU世界バイクトライアル大会イタリア戦参戦!
◎トライアル国際A級
◎バイクトライアルJセニアクラス
◎2013・2014 JCF・JBTA Jシリーズ自転車トライアル エリート26 3位
◎2015 JCF・JBTAJシリーズ自転車トライアル マスターズ 2位
◎国家2級整備士資格
◎HMSE1級整備士資格(HONDA2輪整備士資格)
◎ヤマハ エリアサービスショップ

★各種イベント時のデモンストレーション承ります★

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Riding Sun タオル!

fc2blog_201505132019199a5.jpg
Riding Sun タオル仕入れました。
1枚1000円です。
世界の舞台にチャレンジする寺井一希選手&飯塚隆太選手が遠征の費用にとタオルを作られ販売しておられます。
ぜひ、日本のトライアルの力を世界で見せつけていただきたいものです。
(プレッシャーを与えてしまっているかな(*´д`*))
私もまた当店も応援をするべくわずかですがタオルを入荷しております。
さあ、みなさんで彼らの力となるべくタオルを手にとって応援しましょう!
スポンサーサイト

ニュータイヤテストしていただきました。

OBR GEKOK 20×2.6(19インチリム対応)のテスト報告!IMG_3449.jpg
当店ショッピングサイト
このニュータイヤ気になっている方も多いと思います。
この度、いつもお世話になっています、広島の有名なライダー「AKI○」選手にGEKOKをテストしていただきました。
IMG_3662.jpg


<テスト報告>
テストライダー=穐丸健一(以降テスター)
体重=57kg
テスト車両=MONTY 221KAMEL
ゴールデンウイークがスタートした4月29日午後から某所で実施
※レポートに出てくるエアー圧はテスターが普段使用している物で大きな差はないと思いますが絶対値ではありませんので参考値として活用してください。

★エアー圧2.0kgf/c㎡★
タイヤが硬すぎて路面状況がつかめずダニエル状態からの飛び出しでタイミングでかなりの神経を使います。
テスターの体重&技量ではまず使わないエアー圧だと思います。

★エアー圧1.8kgf/c㎡★
多少は反発が出てきますが思ったほど潰れずダニエル状態からの飛び出しのタイミングも、また神経を使います。

★エアー圧1.7kgf/c㎡★
随分と良くなりましたが、まだダニエル状態神経を使います。

★エアー圧1.6kgf/c㎡★
テスターの体重&技量でほぼベストのエアー圧です。
ただし直角の場所でのタイヤつぶしでフルに荷重かけるとリム打ちの可能性が大。
この様な場所では少ないアクションで動くので利点と思っても良いのではと思います。

★エアー圧1.4kgf/c㎡★
自然地形のセクションに、多く出てくる土の登り斜面から加速してのステアー。
グリップが劇的にあがるのではと期待してのテストでしたが、何故か最悪、加速できない事が起こります。
何故?
テスターは加速の為にリアタイヤ側に、ためを作り加速しますがサイドウォールがため側に働きます。
加速時には、ため側から加速方向にサイドウォールが動いてから、タイヤが動く為のタイムラグが原因と思います。
ただし、テスターの乗り方が、このエアー圧に合っていないというだけで低圧はダメというわけではありません。

■まとめ■
タイヤ重量が775g(実測値)でこの軽さがステアー等でのハンドルの引き上げに大きく貢献しています。
初級、中級の方もリアホップ等で軽さの恩恵は実感はできると思います。
タイヤライフはまだ?でタイヤメーカーも数社がリリースしていますが、購入選択に入れても良いタイヤだと思います。

■さらにゴールデンウイークで4日間テスト■
追加でのテストの結果をいただきました。
4日間乗り込んでのテストです。
エアー圧に関しては、1.6から±0.05kgf/c㎡で微調整。
-側に微調整したほうが乗りやすく、タイヤからのインフォメーションが伝わりやすいようです。
使用している、エアーゲージに細かい目盛りがない為、大体1.58~1.70kgf/c㎡付近で乗っています。
今回はテストの為に、細かくエアー圧を書いていますが、乗り馴れれば多少アバウトでも良いかもです。
IMG_3658.jpg
写真は、約10時間程度乗り込んだ状態です。
加速側のブロックの角もほぼ耐久性があります。

IMG_3659.jpg
リアタイヤが軽量なおかげでフロントを刺したあとに軽く上がってくる。
IMG_3660.jpg
空気圧の許容範囲が狭いので細やかな調整が必要ですね。IMG_3661.jpg



また、もう一人の広島県を代表する「井元選手」にも使っていただきました。
IMG_3454.jpg

<テスト報告>
テストライダー=井元光芳
★インプレッション★
見た目はトライオールに似たタイヤだなっていうのが最初の印象。
実際に装着して見ると思いのほか重量が軽い。そして、タイヤそのものがコンパクトな気がします。
このタイヤの特長はとにかくよく跳ねること!!
タイヤからの反発は早い様に思いました。その反発の速さのお陰でリアタイヤの感触がよく伝わってきます。
着地の時のクッション性は良いと思いますが、よく跳ねる性質なので、リア着で止まる時に余計に跳ねてしまうことがあるかもしれません。
タイヤのグリップ力も良いのでよく仕上げているタイヤだと思いました。
個人的(中級者)にはグリップは良いのですがコンパクトかつ、すぐ跳ねる感じを受けるのでタイヤを置く場所が曖昧な時にタイヤに弾かれやすいのかなとも思いました。
(上級者の方はタイヤの位置が解りやすいので、それを含めて使い易いかもしれませんね。)
総合的に見て
「軽量かつ、とてもよく跳ね、しっかりグリップしてくれるとてもいいタイヤ」
と思いました。

以上2名の方にテストしていただきコメントをいただきました。
この場をお借りして2名(+猫サポート)には御礼申し上げます。

私がテストすればいいのですが、26インチなのでできませんでした(´;ω;`)
(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

明日5月10日(日)は灰塚激プチ5月大会です。

2015年5月10日()は「灰塚激プチ5月大会」です
もちろん参加料は無料ですよ
※TEAM員以外の方はコース利用料の500円はかかります
TEAMの皆さんはAM9:00~灰塚整備をいたしますのでよろしくお願いします
PM1:00頃から灰塚激プチ大会を開始いたします
TEAM員以外の方も参加可能ですのでよろしくお願いします
2セクションぐらいの設定で、終わった後は練習&コース変更を行います

明日

GWのお休み

誠に勝手ではありますが・・・

2015年5月3日(日)~2015年5月6日(水)までバイクハウスてらそはGWのお休みをいただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

2015年5月7日(木)より元気よく業務再開いたします
検索フォーム
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。